呼吸状態の簡便な指標としてルーチンに測定されているSpO2。だが呼吸困難があっても低値を示すとは限らず、逆に末梢循環不全や体動など、指先の状態によっては異常がなくても低値を示すこともある。

SpO2測定に落とし穴の画像

ログインして全文を読む