麻疹特異的IgM抗体検査は、伝染性紅斑や突発性発疹などでも陽性となることがある。麻疹の誤診を防ぐため、国は診断時に特異的IgM抗体検査だけでなく遺伝子検査も実施するよう呼び掛けている。

麻疹の誤診にご用心!の画像

ログインして全文を読む