エラストグラフィー(elastography)とは組織の弾性を画像化する検査のこと。国内で実用化されているのは、超音波を用いたエラストグラフィーだ。京大人間健康科学科教授の椎名毅氏が筑波大在籍時に測定法を考案し、2003年12月に日立メディコが製品化した。

ログインして全文を読む