昨年10月、“診断の神様”とも呼ばれる米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校内科学教授のローレンス・ティアニー氏が来日した。日経メディカル オンラインは同氏を招いて公開カンファレンスを開催した。その時の模様を誌上再録する。(編集部)

両下肢の筋力低下で立てなくなった男性の画像

ログインして全文を読む