乳癌の5〜10%は遺伝性とされる。なかでも卵巣癌も発症しやすいBRCA1/2遺伝子変異陽性者に対して、米国では卵巣摘出術を含む予防的治療が推奨されている。遅れていた日本でも対応が始まった。

遺伝性乳癌はまれではないの画像

ログインして全文を読む