救急蘇生のガイドラインが5年ぶりに変更される。一般救助者の心肺蘇生では胸骨圧迫を基本とし、可能なら人工呼吸を加えることに。しかし、呼吸原性の心停止もあり、今後は蘇生率の検証が求められる。

蘇生のガイドラインを変更への画像

ログインして全文を読む