EPA/AA比は、血中のエイコサペンタエン酸(EPA)とアラキドン酸(AA)の比率を表す値。「長い間、脂肪酸と動脈硬化性疾患との関連についてはあまり注目されてこなかったが、EPA/AA比は心血管イベントを予測する新しいリスク指標として期待されている」と岡山大循環器内科教授の伊藤浩氏は話す。

ログインして全文を読む