従来は経過観察となることも多かった漏斗胸。しかし最近、創痕が小さく成績良好な術式が主流になってきたことから、プライマリケア医の間でも治療法に関する情報提供の重要性が高まっている。

治療の選択肢広がる漏斗胸の画像

ログインして全文を読む