医師の宿日直勤務の実態が「断続的労働」に当たらないとして、労働基準監督署が医療機関に割増賃金を支払うよう勧告する例が相次いでいる。宿日直を通常勤務と見なした判決が影響しているようだ。

ログインして全文を読む