衝撃波を用いた血管新生療法が開発された。尿路結石破砕治療時の約10分の1の強さの衝撃波を心筋に当てる。現在は狭心症が対象だが、閉塞性動脈硬化症や褥瘡などにも応用が検討されている。

衝撃波で狭心症を治療の画像

ログインして全文を読む