医療従事者の結核感染事例が散発している。結核はいまだに静かな流行を続けており、油断は許されない状況だ。今年8月、集団感染が発生した龍ケ崎済生会病院(茨城県)の院長にその経緯を取材した。

医療機関で結核集団感染の画像

ログインして全文を読む