「あなたの遺伝子を検査したところ、治療が奏効する可能性が高いと分かりました。がんばって治療してみましょう」―。C型慢性肝炎に対して行われるペグインターフェロンα+リバビリン併用療法の応答性の予測に、遺伝子検査が使われ始めている。

期待大!C型肝炎併用療法の効果予測に遺伝子検査の画像

ログインして全文を読む