急性期病院が手厚く評価された2010年度診療報酬改定。大学病院など大規模病院は軒並み年間数億〜十数億円の増収になる見込みだ。一方、中小病院は在宅医療に乗り出すなど、新たな機能を模索し始めた。

2010年度改定、病院への影響度を検証の画像

ログインして全文を読む