獨協医大病院は9月6日、過去に同病院に入院していた男性患者の尿から、ニューデリー・メタロβラクタマーゼ1(NDM-1)を産生する多剤耐性の大腸菌が検出されたと発表した。NDM-1の名前は、インドのニューデリーで分離されたメタロβラクタマーゼに由来する。

ログインして全文を読む