特別養護老人ホームの居室面積基準が初めて引き下げられた。個室ユニット型の整備促進が狙いだ。また、厚生労働省は、多床室とユニット型の併設について、条件付きで容認することも決めた。

新型特養の居室面積を緩和の画像

ログインして全文を読む