内視鏡観察のみで早期癌を診断し、診断が付いた段階で、内視鏡下に治療を行う医師が登場した。昭和大横浜市北部病院消化器センター教授の井上晴洋氏は、「早期癌の内視鏡的粘膜切除術(EMR)では内視鏡で診断が付いた時点で、外来で内視鏡下に治療している」と語る。早期の食道癌、胃癌、大腸癌などで行っているという。

内視鏡観察のみで早期癌を診断・治療の画像

ログインして全文を読む