2009年、厚生労働省を去った医系技官の数は例年以上に多かった。背景には、政権交代で政治主導が加速し、医系技官の存在意義が薄れていることがあるようだ。

ログインして全文を読む