PSA検診の普及によって、前立腺癌の拾い上げが進む一方で、進行リスクの低い早期癌に対する“過剰治療”が問題になっている。患者の不利益を最小限にするため、監視療法に取り組む医師が増えている。

早期前立腺癌に監視療法の画像

ログインして全文を読む