昨年1月にスタートした「産科医療補償制度」が軌道に乗り始めた。補償件数は7月末で52件に達し、事例の原因分析報告書の公表も始まった。一方で、補償額をはじめ見直すべき点も明らかになってきた。

産科医療補償が本格稼働の画像

ログインして全文を読む