日本医師会の政治団体である日本医師連盟(日医連)は7月14日、7月11日に行われた参議院選挙の結果を受けて会見を開いた。日医連副委員長で日医副会長の横倉義武氏は、日医連が今回の参院選で推薦・支援したが候補全員が落選したことに対し陳謝。今後、組織内候補を擁立しない可能性も示唆した。

「会長と副会長で考えが違っていたということはない」と釈明の画像

ログインして全文を読む