岩手県医師会の政治連盟は、参院選の比例代表・地方区ともに自主投票を決めた。47都道府県のうち、自主投票は愛媛県と岩手県しかない。岩手県医師会会長で同県医師連盟の委員長でもある石川育成氏に、自主投票を決めたいきさつや望ましい投票行動について尋ねた。

参院選に自主投票で臨むわけの画像

ログインして全文を読む