内視鏡下手術を支援するロボット「da Vinci」が初めて国内で使用されたのは10年前。今年になりやっと国内発売となった。低侵襲かつ安全な手術を支援するその実力に、外科医の関心が高まっている。

ロボット手術がより身近にの画像

ログインして全文を読む