原発性自然気胸の治療方針が変わってきた。従来は入院を余儀なくされていたが、初発例であれば外来治療が可能になった。一方、手術適応例では、再発率を下げるための最適な処置が模索されている。

変わる自然気胸治療の画像

ログインして全文を読む