手掛けた分娩数に応じて、産科医に手当を支払う病院が増えている。周産期医療の危機的状況に対する“処方せん”として一定の効果が上がっているが、病院間の額の引き上げ競争も見られ始めた。

進む分娩手当の導入の画像

ログインして全文を読む