痛みを与えずに大腸内視鏡を楽に挿入する手技を、横浜市立市民病院の水上健氏が実践している。送気の代わりに注水と脱気を行うことで、S状結腸も容易に通すことができる。初心者でも習得しやすい。

注水で大腸内視鏡を容易にの画像

ログインして全文を読む