2010年4月、国内で使用できる30種類以上の抗菌薬がすべて無効な多剤耐性アシネトバクター菌への感染が、わが国で初めて確認されていたことが分かった。同菌への感染は過去にもあったが、今回はアミノグリコシド系抗菌薬が無効などより広範な耐性を獲得していた。

ログインして全文を読む