胃癌の外科を志したのは、世界に通用する仕事がしたかったから。比較試験による検証を通じて、外科の標準治療の確立に貢献した。国立がんセンターを離れた今、次世代の指導者育成に邁進する。

胃癌手術で比較試験を実施 日本発のエビデンスを世界に発信の画像

ログインして全文を読む