日本内科学会および内科系関連学会は4月12日、利益相反に関する共通指針を施行した。学会発表などの際に企業などからの研究費や講演料を開示する流れが、日本でもようやく本格化してきた。

内科学会が利益相反指針の画像

ログインして全文を読む