今年1月、愛媛県立新居浜病院の入院患者が別の患者の持参薬を誤って投与され、その後死亡した。看護師や医師が薬袋の氏名確認を怠ったのが原因だ。同病院は昨夏も同様の事故を起こしていた。

繰り返された誤薬投与の画像

ログインして全文を読む