政府は昨年末、2010年度診療報酬改定の改定率を全体で0.19%引き上げることを決定した。ただ、民主党がマニフェストに掲げた医療費の大幅増にはほど遠く、今後も財源確保が大きな課題となりそうだ。

プラス改定も先行き不透明の画像

ログインして全文を読む