大学病院の総合診療科が今、次々と縮小・廃止の危機を迎えている。高度医療や専門医療に特化したい大学の運営方針に合わないことなどが理由だ。新たなプライマリケア教育の場を求め、現場の模索が続く。

岐路に立つ大学総合診療科の画像

ログインして全文を読む