民主党の有志議員が、医療政策を提言するための議員連盟を結成した。厚生労働省政務三役を支援する組織と強調するが、診療報酬の改定率に対する考え方で党内での不一致が既に表面化している。

民主党議員160人が議連を発足、「政務三役方針に異論あり」の画像

ログインして全文を読む