脂質異常症で日本人に多いといわれるのは、高コレステロール血症、高トリグリセリド血症、混合型高脂血症の3タイプ。日経メディカル オンラインが実施した「脂質異常症に関する調査2009」で、3タイプのうち最も多いものを挙げてもらったところ、調査協力医師(n=761)の64.5%が高コレステロール血症を挙げた。

脂質異常症で最も多いのは高コレステロール血症の画像

ログインして全文を読む