私はかねてから、国民健康保険の置かれた状況を問題視してきました。今年1月に「国保の都道府県単位での一元化を検討すべき」と提案したときは、知事会でも賛成はほとんどありませんでした。しかし、政権も代わり、国も後期高齢者医療制度を含め、医療保険制度を根本から見直そうという動きが出てきたことで、一元化に関心を持つ県も出てきたのはうれしいことです。

国保は都道府県単位での一元化をの画像

ログインして全文を読む