厚生労働省は今年8月、医療と介護の連携強化を目的に「医療・介護改革調整会議」を設置した。だが、政権に就いた民主党が官僚主導の政策決定からの脱却を打ち出したことで、会議の存続も危うくなった。

医療・介護調整会議に暗雲の画像

ログインして全文を読む