X線法の代わりに、最初から内視鏡を用いる胃癌検診が注目されている。胃癌発見率はX線法よりも高く、ダブルチェック体制でさらに精度を向上させれば、死亡率も減らせるのではとの期待も大きい。

胃癌検診で最初から内視鏡の画像

ログインして全文を読む