2009年4月、鹿児島県医師会が医師確保策として、研修医に生活費を援助するための基金を立ち上げた。医師不足対策を目的とした医師会による基金の創設は、全国初の試みだ。

医師会が研修医集めの基金の画像

ログインして全文を読む