インドシアニングリーン(ICG)蛍光法が、胆石や肝癌の手術に使われ始めた。従来のX線造影法に比べ、副作用がほとんどなく、切除部位を明瞭に描出できることから、外科医の注目を集めている。

蛍光造影で胆摘術を安全にの画像

ログインして全文を読む