淋菌の抗菌薬耐性化が進み、ガイドラインでは経口薬はもはや推奨されていない。淋菌やクラミジアだけでなく、マイコプラズマが原因の例も多いことから、起炎菌を考慮した治療がより重要になっている。

見直し迫られる尿道炎治療の画像

ログインして全文を読む