2008年12月、インフルエンザ菌b型(Hib)ワクチン「アクトヒブ」が日本で発売された。承認から約2年を経て待望の登場となったものの、その供給が追い付かないことが問題となっている。

Hibワクチンが足りないの画像

ログインして全文を読む