欧州の先進国を中心とした経済協力開発機構(OECD)はこのほど、保健医療の標準的な指標として、日本でも頻繁に引用される調査統計データの最新版「OECD Health Data 2009」を公開した。データ公開に合わせたOECDの報道発表では医師不足の現状がトピックとして紹介されており、この問題が今、日本だけでなく、先進各国にとって共通の悩みになっていることが分かる。

日本はOECD平均並みの医療体制を実現できるかの画像

ログインして全文を読む