私のこれまでの作品は、医の倫理や、先端医療の問題点などをテーマとした長篇のサスペンス小説が中心でした。この春、新潮社から刊行した『風花病棟』は、短篇集であること、そして等身大の医師の姿や人生の有り様を描いた点で、異色と言えるかもしれません。

「名医」ではなく「良医」を書きたかったの画像

ログインして全文を読む