血液検査でピロリ菌感染の有無と胃粘膜の萎縮度を調べ、ハイリスク者を絞り込む新しい胃癌検診が一部の自治体で始まった。受診率や胃癌発見率の向上、コストダウンにつながることが期待されている。

胃癌検診にピロリ抗体検査の画像

ログインして全文を読む