厚生労働省は5月22日、新型インフルエンザの症例定義を再改定した。改定点は、新型インフルエンザ患者や検体との接触歴、まん延国への渡航歴がなくても、疑似症例として扱えるようにしたことだ。

ログインして全文を読む