厚生労働省が5月16日朝、神戸市の同じ高校に通う渡航歴のない生徒3人について、新型インフルエンザに感染していることを確認したと発表した。国内での新型インフルエンザ感染者の確認は、日本では初だ。さらに同日夜になって、神戸市内の別の高校の生徒5人の感染も確認され、確定した感染者は全部で8人になった(17日午前0時現在)。

神戸市では渡航歴なくても発熱外来へ誘導の画像

ログインして全文を読む