新型インフルエンザ感染者との濃厚な接触があったとして検疫法に基づく7日間の停留措置の対象となっていた48名のうち、47人の措置が5月15日16時42分に解除された。

新型インフルエンザ、濃厚接触者の停留措置が解除の画像

ログインして全文を読む