国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センター長の田代眞人氏はマスメディアに向けた説明会で5月12日、「新型インフルエンザのワクチン製造用の種株は、6月中旬までには作製でき、感染研からワクチンメーカーに渡すことになるだろう」と話した。

新型インフルエンザワクチンの“種株”完成は6月初〜中旬の画像

ログインして全文を読む