9日早朝に国内で初めて新型インフルエンザ感染が確認された3人の患者の病状は安定している。厚生労働省が9日午後に発表した。3人のうち、発熱が認められた2人にはノイラミニダーゼ阻害薬投与が開始されている。発熱が認められないもう1人には9日15時現在、ノイラミニダーゼ阻害薬は投与されていない。

ログインして全文を読む