豚インフルエンザに関して世界保健機関(WHO)の世界各国の協力機関担当者による電話会議が4月29日に開催され、米国、カナダ、メキシコ、フランス、英国、日本などの政府機関の担当者が参加した。会議では、米国初の死亡例となった男児には基礎疾患として免疫に問題があったことが報告された。

ログインして全文を読む