大分県立看護科学大学などが規制緩和を求めていた看護師による診察や処方に対し、厚生労働省は「認められない」との判断を下した。当面は現行法の枠内で、医師と看護師の協働を模索することになる。

大分「NP特区」認められずの画像

ログインして全文を読む